CURE FIP™、猫伝染性腹膜炎の効果的な経口治療薬を発売

更新日:1月13日

待望のCURE FIP™経口FIP治療薬がついに登場! 猫伝染性腹膜炎(FIP)と闘っている猫たちに、簡単で効果的な治療の選択肢ができました。この12ヶ月の間に、多くの飼い主さんから、皮下注射と同じくらい効果のある、使いやすい経口薬を求める手紙をいただきました。また、現在市販されている経口錠剤の問題点や欠点を指摘し、より簡単で安価に投与できるソリューションを作ってほしいとの要望もありました。 私たちは彼らの声に耳を傾け、彼らの要求を満たす経口剤を作るために、この11ヶ月間取り組んできました。



経口カプセルの効果は?

CURE FIP™は、44匹の猫を対象に60日間の臨床試験を実施しました。 この臨床試験の要件として、各参加猫は、経口治療の開始前、30日目、60日目に血球計数(CBC)と生化学検査を行いました。 各参加猫の飼い主は、毎日の給餌、治療の経過を、書面によるログ、写真、ビデオの形で記録しました。その結果を集計し、症状の改善や後退の可能性について検討しました。


参加した猫は、少量でも自分で食べることができることが条件でした。下痢、嘔吐、食欲不振などの症状が見られた猫は、試験に参加させないか、重度でない場合は、食事ができるようになるまでGSの注射を行い、消化器官に深刻な合併症が起きないようにした。


参加した44匹の猫のうち、8匹の猫は血中タンパク濃度や身体症状が改善され、明らかな改善が見られました。この8頭のGS内服治療への反応は抜群で、わずか30日で臨床試験を終了し、経過観察となったが、再発の兆候は見られなかった(本稿執筆時点では)。



参加者の声は?

"CUREFIP™"による経口臨床試験に参加できたことをとても感謝しています。30錠を1ヶ月間与えられ、バターには1日1錠を与えました。彼女は最初の1週間で改善の兆しを見せ、2週間目以降はより活発になり、食欲も改善しました。私は彼女の回復を見てとても嬉しいです。経口治療のキュレフィップに感謝しています。親が注射をする手間が省けました。(K.M FA、参加者)

今回の研究と同様の結果を得るためには、猫が十分に回復して食事やウンチが普通にできるようになり、神経症状が見られなくなってからGSの経口投与を使用することをお勧めします。消化器系に問題のある猫や、栄養の吸収が悪いとされる猫は、経口治療の使用を避けるべきです。


当社のGS内服薬は、一定の前提条件のもとで使用すれば、GS注射薬と同等の治療効果が得られます。私たちは、この新しい経口治療薬を世界中の猫の飼い主や獣医師に自信を持って提供します。



なぜCURE FIP™ オーラル・トリートメントを選ぶのか?


複雑な投与量の計算はもう必要ありません。 痛みを伴う注射も必要ありません。 当社の経口カプセルは簡単に使用できます。あなたの愛猫に合った体重クラスを選んでください。1日1カプセルを投与します。それはとても簡単です。


ピンクのカプセル - 体重が2.5kg未満の猫

グリーンカプセル - 体重2.5~4kgの猫

ブルーカプセル:体重4kg以上の猫


カプセルを採用したのは、飼い主さんから寄せられた欠点を克服するためです。 圧縮された粉末の錠剤と比較して、あなたの猫はより良い治療経験をすることができます。カプセルと錠剤の違いについては、こちらをご覧ください。


すべてのFIP治療は、まず30日間の注射から始めることを強くお勧めします。

猫伝染性腹膜炎(FIP)に罹患している猫は、消化器官が弱っていることが多く、カプセルの内容物の吸収が悪くなっています。 FIPVの複製を効果的に阻止するために必要な量の抗ウイルス剤を確実に摂取するために、愛猫の食事と排泄が正常になってから、当社の経口治療を開始してください。



経口カプセルの投与方法は?

治療期間中は、1日1カプセルのみを与えてください。最良の結果を得るために、毎日同じタイミングで投与してください。3種類の投与方法からお選びいただけます。

  1. 猫の頭を後ろに倒し、舌の奥に直接カプセルを落とします。

  2. カプセルを愛猫の好きなウェットフードに混ぜて与える。

  3. 愛猫のウェットフードにカプセルの全量をかけます。



猫伝染性腹膜炎の治療のための経口カプセルの投与方法についての説明ビデオをご覧ください。


毎週、猫の体重を測定し、実際の体重に応じてカプセルの投与量を調整してください。 14日間使用しても猫の改善が遅い、または改善が見られない場合は、2つの理由が考えられます。

  1. 経口カプセルの内容物の吸収が悪い。解決策:経口カプセルを次の重量クラスにアップグレードして投与量を増やすか、注射薬に切り替えてください。

  2. あなたの猫は猫伝染性腹膜炎(FIP)ではありません。 獣医師に連絡して詳しい検査をしてもらいましょう。


使用上の制限

以下の症状がある猫には、経口治療はお勧めできません:

  1. 眼や神経系の症状

  2. 頻繁に嘔吐または下痢をする猫

  3. 自力で食事ができず、強制給餌や皮下輸液が必要な猫


FIPの経口治療は、必要に応じて対症療法やサプリメントを併用することができます。ただし、以下のような薬は避けたほうがよいでしょう。

  • フルオロキノロン系

  • ノミ治療薬

  • リジン系

  • 免疫ブースター


本日より、当社のウェブサイトwww.curefipjapan.comから経口治療薬を直接ご注文いただけます。 注射から経口カプセルに切り替える際に、新たに治療を開始する必要はありません。 当社の経口カプセルやFIP治療に関するご質問は、curefipcustomercare@gmail.com までご連絡ください。


発行元: curefipjapan.com

フェイスブック:facebook.com/fipcure

閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示