なぜFIPの治療を遅らせると致命的なのか

更新日:1月13日

猫伝染性腹膜炎(FIP)による死から猫を救うために、私たちは成功と失敗の両方を経験してきました。 私たちの経験を、答えを求めている皆さんと共有し、あなたの猫のFIP治療についてより良い判断をしていただきたいと思っています。


FIP治療の成功率を左右する最も重要な要因は、いかに早くFIPを診断し、どのような治療法を選択するかということです。


猫のFIPは、乾燥型の場合、診断が特に困難です。 ウイルスは内臓を攻撃しますが、比較的まれなFIPの感染を示す外見上の兆候はほとんど見られません(世界中の猫の1%未満がFIPに感染していると言われています)。ウイルスが目に入って濁ったり、脳に入って身体の麻痺を起こしたりして初めて、ドライFIPが原因であることが明らかになります。その時には、治療のための時間はほとんど残されていません。 私たちの過去の観察によると、FIPの後期感染から回復した猫は、たいてい年齢が若く、全体的な体調も良好でした。この記事を読んで、あなたの猫がドライFIPの症状を示しているかもしれないと思ったら、すぐに獣医師に連絡し、血液検査を予約してください。


ここで4つのFIPテスト方法について読んでください。


FIPウイルス感染症の診断は、多くの場合、決定的なものではありません。私たちは、猫を連れて2人の医師を訪ね、血液検査の報告書を確認した後、1人の医師は自信を持ってFIPだと主張したが、もう1人の医師はそうは思わなかったという猫の飼い主の話を聞いたことがあります。 疑問に思った飼い主さんは、私たちにアドバイスを求めてきました。


診断結果が一致しない場合、またFIPの治療が遅れると予防可能な死につながることが多いため、私たちはあなたの猫にGS-441524を1~2週間投与することをお勧めしました。もしFIPであれば、すぐに猫の状態が改善されるでしょう。 GS-441524は抗ウイルス治療薬で、既知の合併症を引き起こすことはなく、他の薬と一緒に投与することができます。 FIPに感染した猫は、早期に治療を受けると、通常3~5日以内に身体的な改善の明確な兆候が見られます。たった1本のバイアルで、誤診による死亡を防ぐことができます。猫のFIPの決定的な検査がないことを考えると、GS-441524で猫を治療することは、おそらく現在入手可能な最良の代理検査となるでしょう。



私たちのお客様の中には、GS-4411524 による FIP 治療を躊躇し、獣医師の勧めでインターフェロンやステロイド、さらには貧血による輸血を選択された方もいらっしゃいます。インターフェロンやステロイドは症状や痛みを抑えるために使用されますが、FIPウイルスを治療するものではありません。 そのため、GS-441524 を FIP の治療薬として使用することはできません。 FIPに感染した猫には、いかなる場合も輸血を行ってはいけません。 輸血を行った3匹の猫のうち、3匹とも術後2~3日で死亡しました。 医師がインターフェロンやステロイドを使用するようにとアドバイスしたために治療が極端に遅れた6匹の猫のうち、GS-441524のおかげで生き残ったのは1匹だけでした。


GS-441524の治療を始める前に、肺に水が溜まっていたり、肝臓や腎臓に障害があったりと、他の症状を先に治した方が良いのではないかという質問を多くいただきました。しかし、その答えは「NO」です。診断を受けたら、すぐに GS-441524 の治療を開始してください。


GS-441524を猫に投与しながら、他の合併症を同時に治療することも可能です。

真の治癒は、FIPウイルスがコントロールされてから始まります。 GS-441524は、他の薬剤と一緒に投与しても、既知の合併症を引き起こすことはありません。


上記の情報は参考のために提供されたものであり、医学的なアドバイスではありません。あなたの愛猫に特有の質問については、当社のウェブサイトwww.curefipjapan.comからお問い合わせください。



これを読む必要のある人と共有してください。



発行元:www.curefipjapan.com

FBでご覧ください:www.facebook.com/fipcure

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示