ウェットFIPの猫の腹水を抜いてはいけない理由。

更新日:1月13日


湿性 FIP感染時に腹部や胸部に液体が溜まるのは、血管の炎症が原因です。 医学用語では「血管炎」といいます。


原因がわかったところで、この液体を取り除くべきでしょうか? それは、場合によります。 以下に、2つの仮定のシナリオと、それぞれに対する私たちの推奨する行動を示します。


シナリオ I 腹部の肥大が明らかに見られます。しかし、猫は快適に食べ、飲み、呼吸しています。


このシナリオでは、液剤の除去はお勧めしません。 GS-441524 を 6mg/kg の用量で直ちに開始してください。 当社のFIP治療を開始してから1.5~2週間以内に腹部の腫れが小さくなり始めるのがわかります。 腹水は徐々に体内に吸収され、FIPウイルスは着実に体外に排出されます。


このシナリオでは、ダメージの可能性が利点を上回るため、腹水の除去はお勧めしません。除去された液体はすぐに戻りますが、多くの場合、脱水やタンパク質の消費を犠牲にします。 もしあなたの猫が普通に食べたり飲んだりしていて、息苦しさを感じていないのであれば、すでに脆弱になっている体にこれ以上ダメージを与えることは避けましょう。



シナリオII 肥大が原因で、呼吸や食事が困難になっている。


このシナリオでは、液体のすべてではなく一部を取り除く必要があります。 呼吸困難に陥ると、心拍数の増加や心拍の乱れという形で心臓に負担がかかります。 重症の場合は、このストレスが心不全につながることもあります。 腹部の液体を除去すると、脱水症状とタンパク質の減少が起こります。このシナリオでは、体液除去のメリットはコストを上回ります。


注意しなければならないのは、過剰な水分除去は猫の体に危険なショックを与え、死に至る可能性があるということです。一般的には、腹腔液の総量の30%以下を除去することをお勧めします。 湿性FIPの子猫や高齢の猫を治療する場合は、全盛期の成猫を治療する場合に比べて、より控えめに体液を除去するようにします。


あなたの猫がGS-441524抗ウイルス治療を開始しない限り、体液は戻ってくることを忘れないでください。 このシナリオでは、4mg/kgの投与から始めて、徐々に6mg/kgまで増やすことをお勧めします。猫の回復にはシナリオ1よりも時間がかかります。治療が進むにつれて減少率は高くなります。



上記の2つのシナリオから、次のような結論が得られます。

  1. 水分の蓄積が呼吸や食事の困難を引き起こしていない限り、水分を取り除く誘惑を避けてください。

  2. 液体を取り除くときは、必要と思われる量よりも少なくなるように注意してください。 水分の除去は生理学的損傷を引き起こします。

  3. あなたの猫がGS-441524で治療されない限り、体液は戻り、状態は持続し悪化します。 抗炎症薬は一時的に苦痛を軽減する可能性があります。 それらはFIPVの複製を阻止しません。 FIPVをGS-441524で処理することによってのみ、猫を治すことができます。

読むべき人にシェアしてください。



発行者 : www.curefipjapan.com

FBでご覧ください:facebook.com/fipcure

閲覧数:145回0件のコメント

最新記事

すべて表示