top of page

注射の痛みに別れを告げる: 無痛の GS 注射を求めて!

GS441524は、ネコ伝染性腹膜炎の治療で大きな成功を収めた抗ウイルス剤の実験薬です


(FIP)は、全世界の猫の約2~5%が罹患している致死的なウイルス性疾患です。GS441524は現在、規制当局から猫への使用は認められていませんが、一部の獣医師は同情に基づいて使用しています。


GS441524は通常、皮下注射(皮下)で猫に投与されます。しかし、液の酸性度が高いため、GS441524を用いたFIP治療の推奨期間である84日間に渡って使用すると、大きな痛みを感じたり、ひどい皮膚炎を起こす猫もいます。


GS-441524の注射は、他の注射と同様、痛みを伴うことがあります。しかし、注射の際の不快感や痛みを最小限に抑えるためのテクニックがあります。例えば、小さめの針を使用し、ゆっくりと薬剤を注入することで、痛みを軽減することができます。さらに、獣医師によっては、注射をする前に局所麻酔薬を使って注射部位を麻痺させることもあります。


これらの対策をとっても、注射の際に不快感や痛みを感じる猫もいることに留意することが大切です。獣医師は、GS-441524注射時の痛みや不快感を最小限に抑える方法について指導し、必要に応じて代替投与方法についても相談することができます。


多くのキャットペアレントが、注射による痛みや皮膚の炎症を懸念しており、より良い解決策を模索しています。残念ながら、一部のマーケティング担当者は、これらの問題の解決策として、本剤の水溶液を宣伝していますが、これは誤った表現です。注射の痛みは、GS-441524の粉末を液状に溶かすために必要なpH1.5~1.6という高い酸性の溶液が原因となっています。pH6.5~8.5の水溶液では、GS-441524の粉末を溶かすことができないため、注射には適さない。猫のFIPの治療法を検討する際には、このような事実を知っておくことが重要です。


GS-441524の溶液には、ある程度の量の水が含まれています。カリフォルニア大学デイビス校で行われた臨床試験では、注射しやすいようにプロピレングリコールを適切に希釈するため、原液には約20%の水が含まれています。水の割合はブランドによって異なりますが、GS-441524のすべてのメーカーは、Niel Pedersens博士と彼のチームが実証したのと同じ臨床結果を得るために、オリジナルの処方を再現するように努めています。


消費者としては、水性であると主張する製品に使用されている水の割合について問い合わせることが重要です。さらに、溶液のpHレベルについて尋ねることも重要です。pHが1.8以上であるとしている販売者は、FIP処理に関する専門的な知識がなく、売り込みに真実味がない可能性があることを明確に示しています。そのような販売者が主張するその他の主張は、すべて否定することをお勧めします。


経口カプセルや錠剤は、獣医師の助けを借りずに家庭で簡単に投与できるため、痛みのないFIP治療の選択肢として人気があります。しかし、GS-441524の経口投与は、FIP感染の軽症例にのみ有効であることを念頭に置いて、注意を払うことが不可欠です。食欲不振や下痢などの消化器系の症状がある猫や、FIPの症状が重く、神経症状や眼症状が現れる後期などには、投与することは推奨されていません。

bottom of page