猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療に最適な経口薬| curefipjapan.com

更新日:1月13日

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは何ですか?

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫コロナウイルスによって引き起こされるウイルス性疾患です。 治療せずに放置すると、まれですが致命的な病気になります。


FIP感染の原因

ネコ伝染性腹膜炎は、ネココロナウイルスが複製中に突然変異を起こすと発生します。 科学的な推定によると、この突然変異は猫コロナウイルスに感染した猫の2〜5%で発生します。 大多数の猫は人生のある時点でネココロナウイルスに感染しますが、FIPに感染する猫はほとんどいないことに注意することが重要です。


FIP感染症の2つの形態

臨床的に猫伝染性腹膜炎は、湿性FIPと呼ばれる滲出性FIPと、乾性FIPと呼ばれる非滲出性FIPの2つの形態で発生します。 湿性FIPの最もわかりやすい臨床症状は、腹部の肥大です。 これは、猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)の感染によって内臓が炎症を起こし、それに対する猫の体の自然な反応によって、猫の体内に液体が溜まることで起こります。


非発症型(ドライ)FIPは、FIPと明確に関連づけられる外部観察可能な臨床症状がないため、肉眼で識別することは困難です。 ドライFIPの感染を推察するには、一連の検査を行う必要があります。



獣医師は、FIPの決定的な診断を下すためにいくつかの検査を行います。検査には以下のようなものがあります:

  • FCOV/FIPクイックテスト

  • 完全な血液検査

  • 組織サンプル検査

  • リバルタ試験



猫伝染性腹膜炎の症状

FIPの一般的な症状は以下の通りです:

  • 持続的な発熱

  • 食べ物を欲しがらない

  • 無気力

  • 息苦しさ

  • 体の協調性の低下

  • 腹部の液体

  • 胸部に水がたまる

  • 肺に水がたまる

  • 麻痺

  • 眼の症状


FIPに感染している間、あなたの猫はいくつかの症状を経験するでしょう。 これらの症状を軽視しないでください。これらの症状は深刻な健康問題を示しているかもしれません。 飼い主がこれらの症状の深刻さを認識していなかったり、医師がこれらの症状を誤診して、より一般的だが致死率の低い感染症と判断したりすることで、猫がこの獣医学的疾患の犠牲になることがよくあります。






FIPの2つの治療法

猫の感染症に対する唯一の臨床的に有効な治療法は、GS-441524と呼ばれる薬です。 GS-441524 は、Covid-19 患者の治療に使用されているヒト用抗ウイルス剤 Remdesivir と密接な関係にあるヌクレオシドアナログで、Gilead Sciences 社が特許を取得しています。 ギリアド・サイエンシズ社はGS-441524の動物用製品化を進めないことを決定しましたが、世界中の必死な猫の飼い主からの市場需要を満たすために、中国ではブラックマーケットの供給者が現れました。 現在、FIPには、皮下注射と経口カプセル・錠剤の2つの治療法があります。 どちらの治療法も、GS-441524 を有効成分としています。


皮下注射は、より安定したFIP治療法であり、そのため信頼性の高い治療法です。 注射は、治療開始から30日間、または猫のFIPの症状が落ち着き、状態が安定するまで推奨されます。 飲まず食わずで、麻痺や目の濁りなどの神経症状があり、動きが悪く、呼吸が困難な場合、消化器系が感染していたり、弱っていたり、一般的に免疫力が低下している場合には、注射をお勧めします。 GS-441524の注射剤は、ウェットFIPにもドライFIPにも同様に効果があります。



この治療法は、注射に比べて安定性に欠けるものの、一般的に猫の飼い主に好まれています。 中には注射の痛みを強く感じる猫もいます。また、数日から数週間GSを続けていると、注射を嫌がるようになる猫もいます。 注射器を見たり、毎日注射をする獣医師を見たりすると、猛烈に抵抗する猫もいます。 注射剤である GS-441524 は非常に酸性であるため、一部の猫では注射部位の痛みが生じることがあります。 このような場合、GS-441524 をカプセルや錠剤の形で経口投与することで、注射の代替とすることができます。当初、カリフォルニア大学デービス校の研究者が、経口投与による薬剤耐性の可能性を懸念していましたが、杞憂に終わりました。経口の GS-441524 は、湿性 FIP でも乾性 FIP でも同様に効果があります。





カプセルと錠剤の比較

経口カプセルと錠剤の効果は同等ですが、カプセルの方が錠剤よりも投与しやすいです。 カプセルを投与するには、猫用のウェットスナックでコーティングするか、カプセルを丸ごと食べるか、あるいはカプセルを直接猫の口に入れるかのいずれかの方法をとります。 滑らかなテクスチャーで味がないため、猫は苦労せずにカプセルを容易に飲み込むことができます。 カプセルは製造コストが高く、面倒なので、錠剤に比べてメーカーには好まれません。 現在、GS-441524 のカプセル剤を提供しているのは curefipjapan.com だけです。



一方、錠剤は製造が早く、コストも安い。錠剤は、FIP治療のための最初の経口薬として市場に登場しました。 FIP治療用の錠剤を提供しているブランドは複数あります。 Mutian、Aura/Spark、Capella、Lucky、Brava、Kitty Careは、現在、猫伝染性腹膜炎の治療のために経口薬を提供しているブランドです。 FIPの経口薬はコーティングされていません。 サイズが小さいので、ほとんどの場合、それほど苦労せずに投与することができます。 しかし、ごく少数のケースでは、その味と食感のために、一部の猫はゲージング反応を起こし、食道を十分に通過していない場合には錠剤を吐き出してしまい、介助者が繰り返し投与しなければならなくなることがあります。さらに悪いことに、一部の猫は摂取後すぐに薬を吐き出してしまうこともあり、猫の飼い主にとっては不快な経験と経済的な浪費になってしまう。


注射から経口FIP治療に切り替えるタイミングは?

私たちは、すべてのFIP治療を注射から始めることをお勧めします。 これは、FIPVの治療において最も効果的で信頼できる方法です。 可能な限り、あるいは猫が毎日の注射に耐えられなくなるまで、注射を続ける必要があります。

  • あなたの猫が毎日の注射に耐えられなくなった場合。

  • あなたの猫の飲食の習慣が正常に戻った場合。

  • 神経症状や眼症状などの重篤なFIP症状が見られなくなった場合。

  • FIP感染症によく見られる消化器系の合併症が見られない。

  • 頻繁に嘔吐したり下痢をしたりしない。

上記の条件がすべて満たされたときに、一度経口投与を開始してください。あなたの猫の状態が顕著に後退した場合、重症度に応じて、経口投与の用量を増やし、残りの日数は注射に戻すことができます。



注射剤と経口剤のGS-441524のコスト比較

GSはいまだに闇市場の製品ですが、注射剤、経口剤ともに登場時より大きく価格が下がっています。 現在では、注射剤と内服剤を用いたGS治療のコストは同等となっています。



FIP治療の経口投与の効果は?

FIP治療の経口剤は、適切な時期に適切な量を投与すれば、猫伝染性腹膜炎に対して皮下注射と同等の効果を発揮します。しかし、FIP治療の専門家の間では、FIP治療の期間中、注射に比べて経口治療を行った場合、猫が再発するリスクが高くなることが一般的に認められています。 経口カプセルや錠剤は、神経症状のFIPに罹患している猫や、頻繁に嘔吐や下痢をする猫には効果がないことが証明されています。


現在のところ、FIPの注射および経口治療による副作用は知られていません。

概要

米国の研究チームや中国のメーカーによる科学的発見により、FIP治療の選択肢はますます多様化し、利用しやすくなっています。 FIPの治療には、今でも注射がより確実な方法と考えられていますが、経口カプセル/錠剤も、適切な条件下で賢く使用すれば、FIPVの治療に同様の効果を発揮します。 治療の成功は、多くの場合、あなたの獣医師の経験と専門知識に依存します。 もしあなたの獣医師が猫伝染性腹膜炎の治療経験がない場合は、私たちに相談してください。 当社のEメールはcurefipcustomercare@gmail.com


発行元:curefipjapan.com

フェイスブック: https://www.facebook.com/fipcure

閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GS-441524抗ウイルス薬を使用したFIP治療を選択する場合、皮下注射または経口カプセルまたは錠剤の2つの選択肢があります。 では、どの猫に適しているかを正しく選択するにはどうすればよいでしょうか。 この記事では、各治療オプションの長所と短所、および猫のFIP治療に適切なオプションをいつどのように選択するかについて説明します。 経口治療の場合、通常はピルタイプがあります。 このタイプのGSは経