top of page

キュアFIP™経口カプセルは、猫伝染性腹膜炎の便利で効果的な治療法です。  各経口カプセルには、FIPVの複製を1日コントロールするのに十分な量の抗ウイルス剤GS-441524が含まれています。  

 

経口カプセルは、毎日いつでも与えることができます。最良の結果を得るために、定期的なスケジュールを守ってください。   この経口カプセルは、体重が4kg以上の猫用に作られています。各カプセルには 105mg の GS-441524 が含まれています。 各パックには 14 カプセルが含まれており、14 日間の治療に使用できます。

FIP経口治療、[体重4kg以上の猫用] {14カプセル}

評価は2件のレビューに基づき、5つ星中5.0です。
SKU: SPB105MG
¥45,000 通常価格
¥40,500セール価格

年中セール

  • 1日1カプセルを経口投与する。決められた時間を守ってください。  一日も休まないでください。

    経口カプセルは、補助的なサプリメントと一緒に摂取することができます。FIPの治療中に猫が服用している抗生物質や抗炎症剤の治療を妨げることはありません。 

    どのように使用するか

    カプセルを猫の口の奥に挿入します。
    濡れた猫用スナックをカプセルに絞ります。猫は苦しまずに食べます。
    カプセルの中身をウェットのキャットフードに空けてください。猫は1回の給餌ですべての内容物を消費します。

レビュー

5つ星のうち5と評価されています。
2件のレビュー
2件のレビュー

  • 山口昌弘5月07日
    5つ星のうち5と評価されています。
    確認済み
    命の重さ

    私は、この薬💊で三匹の猫の命が助かりました。病状は、ドライの子と神経系の子とドライ、ウェットの混合の子です。薬は、与えやすいです、カプセルのまま与えてもよし、チールタイプのおやつにカプセルの中身を出して混ぜて与えてもよし。又わ小型の注射器に水を入れてカプセルの中身を入れて良くふって与えてもよし、その時に注射器の中に薬が残っていたら少し水を吸って良くふって与えます、この与えかたは、嘔吐しがちな子に有効です、吸収が早いので少しの時間ゲージ中に入ってもらって嘔吐しないか見てあげればよし。時間は、個体さがあります。あきらめないで、たくさんの猫の命が助かりますように🍀

    お役に立ちましたか?

  • maimai2月06日
    5つ星のうち5と評価されています。
    確認済み
    元気になりました

    獣医さんのすすめでこちらのお薬を知りました。腹水が溜まり、元気も食欲もない状態でした。

    注射から始め、食欲が戻ってきたタイミングでこちらの経口薬に変更しました。投薬開始から10日ほどで、元気に走り回るようになりました。

    84日過ぎ、血液検査の結果で1ヶ月投薬が延長になりましたが、引き続き頑張ってます。

    お役に立ちましたか?