top of page

体重が2.5kg ~ 4kgを超える大型の成猫、および/または神経学的症状を患っている成猫に最適です。治療中、猫が食欲と筋肉量を取り戻すと、猫の体重が増加します。毎週猫の体重を量り、新しい体重に応じて投与量を調整します。私たちの投与量計算機に使用 あなたの猫のための適切な投与量を計算します。

 

最初のバイアルを使用すると、明らかな改善が見られるはずです。改善には、食欲の増加、身体活動の増加、発熱の減少、セルフグルーミングの頻度の増加が含まれます。

20mg/ml濃度、8ml

評価は3件のレビューに基づき、5つ星中4.7です。
SKU: SP20MG7ML
¥12,500価格
  • 推奨用量:

    • ウェットFIP6mg / kg猫の体重
    • ドライFIP8mg / kg猫の体重
    • 眼のFIP10mg / kg猫の体重
    • 神経学的な10mg / kgの猫の体重

    治療法:1日1回、週7日

    治療期間:12週間(推奨)

    参照: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6435921/

レビュー

5つ星のうち4.7と評価されています。
3件のレビュー
3件のレビュー

  • minischna103月26日
    5つ星のうち5と評価されています。
    確認済み
    神経タイプです。

    ドライタイプで神経に来ていました、診断確定を待つ間もないほどに悪化していったのでフライング治療に踏み切りましたが、注射2日後にはご飯を食べぐっすり眠れるようになってきました。5日目には元気な時と変わりないくらいになりましたが、注射がとても痛そうなので、カプセルに切り替え予定です。症状が酷いときは注射が良く効いてくれて本当に良かったです。

    お役に立ちましたか?

  • 廣田聡一2月02日
    5つ星のうち5と評価されています。