私の猫のFIPを治療するための正しい投与量は何ですか

更新日:1月13日


猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)治療の成功率に最大の影響を与える 4 つの要因があります。

  1. 猫のFIP感染症を治療するには、抗ウイルス薬であるGS-441524を選択してください。

  2. あなたの猫がFIPの治療を受けている間に他の食物を治療してください

  3. FIPは診断されたらすぐに治療してください。 遅れは回避可能な死を引き起こします。

  4. 十分な投与量を使用してください。 正しい投与量は、生と死、再発と再発なしの違いである可能性があります。

私たちはGS-441524と猫のFIPを治療するその有効性について広範囲に書いてきました。 (ここでそれらの記事を読むことができます。)GSは現在FIPウイルスに対する唯一の臨床的に証明された治療法です。 あなたの猫は、FIP感染の結果として多くの身体的苦痛を経験するかもしれません。 より完全な回復のためにFIPと一緒にこれらの合併症を治療してください。



これが悪いニュースです。タイムリーなFIP診断は、私たちの手に負えないことがよくあります。非噴出性のDRY型のFIPは、感染の初期段階で診断するのが特に困難です。獣医師は、可能性をFIP感染に絞り込むために、多数の大規模で費用のかかるテストを完了する必要があります。これは、猫がまだ比較的健康に見えるときに、ほとんどの獣医や猫の飼い主がやりたがらないことです。現在、決定的なFIP検査はありません。 FIPの猫は、感染の最終段階で正しく診断されることがよくあります。 curefip.comでは、次世代の獣医のために手頃な価格で確実なテストの作成に取り組んでいます。


これが良いニュースです。正確なFIP診断の適時性を改善するためにできることはほとんどありませんが、以下の推奨用量を順守することにより、FIP治療の成功率を高めるためにできることはたくさんあります。私たちの投与量表は、約1000匹の猫の治療結果を分析し、4大陸の獣医師と治療観察結果を交換した後に作成されました。


ウェットFIP:6 mg / kg体重 ドライFIP:8 mg / kg体重 のFIP:10 mg / kg体重 神経学的FIP:10 mg / kg体重 私たちの投与量計算機を使用して、猫のFIP治療に与えられるGSの正確な量を決定します。 あなたがテーブルを降りるにつれて、FIP感染の重力は増加します。十分な投与量が毎日与えられると、FIPウイルスの複製は遅くなり、最終的には停止します。あなたの猫の免疫システムは回復し始めます。リラックスした呼吸、食欲と身体活動の増加、飼い主の声やタッチへの反応の改善、曇った目の除去など、3〜5日以内に明らかな治癒の兆候が見られます。これは、FIP治療を使用して猫伝染性腹膜炎(FIP)からの回復に成功した猫のビデオです。 すべての猫がGS治療に対して異なる反応を示すことに注意することが重要です。私たちの表は、FIP感染の各タイプの最低推奨投与量を表しています。治療に対する猫の反応が明らかでない場合、または猫がGS治療中に退行した場合、またはGS治療が完了した直後に再発した場合は、より多くの投与量を投与する必要があります。 FIPに屈した、GS治療中に退行した、またはGS治療終了後に再発した猫のうち、医師の間で共通のコンセンサスは、治療の開始が遅すぎたため、猫は2〜3日以内に死亡したというものでした。治療を開始します。またはGS-441524の不十分な1日量が猫に与えられました。後者の場合、猫は最初は体調の改善を示すことが観察されました。しかし、突然、彼らは身体的症状の退行に苦しむでしょう。より高い投与量が与えられたときにのみ、改善が再開されました。 いつものように、猫のFIP治療に関して質問がある場合は、お問い合わせください。 私たちの専門家は彼らの知識と経験をあなたと喜んで共有します。 これを読むべき誰かとこれを共有してください。 発行者:www.curefipjapan.com FBにアクセス:www.facebook.com/fipcure

閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示