FIP感染からの早期回復のために、ビタミンとサプリメントを加える

更新日:1月13日

前回の記事では、FIP治療中の肝臓と腎臓の健康に気を配ることの重要性について説明しました。 今回の記事では、さらに一歩進んで、FIP治療中の腎臓と肝臓の健康と強さを保つために、猫にビタミンとサプリメントを与えることをお勧めします。 内臓が健康であれば、感染症に対する抵抗力や病気からの回復力が高まります。FIPの治療中にGS-441524と一緒にビタミンやサプリメントを与えても、副作用は知られていません。 獣医師が推奨するビタミン剤の濃度や種類については、獣医師にご相談ください。


ビタミン


B12は通常、肉、レバー、魚、卵などの動物由来の食品から得られます。 これは猫の通常の食事の一部です。 市販のキャットフードのほとんどは、健康な猫が1日に必要とするB12をカバーしています。 しかし、FIPに罹患している猫は、B12を急速に消耗するため、補充が必要となります。

  • B12は、赤血球の発達と維持を促進します。

  • B12は、神経系の完全性(神経細胞と正常な髄鞘(神経終末を覆い保護する脂肪鞘))を維持します。神経と認知機能に不可欠な栄養素です。

  • B12は、食物の適切な消化と吸収、炭水化物と脂肪の代謝のために、腸の健康を維持します。





ビタミンB12は極めて安全に使用できる。 貧血を防ぎ、免疫系をサポートするために、週に一度、B12の皮下注射を行うことができます。 毎日のビタミン補給には、ペットチニックなどの経口液体を使用することができます。



サプリメント


ガバペンチン:注射の60~90分前に経口投与することができる穏やかな鎮痛剤です。 これにより、猫がうとうとしたり、過剰に鎮静したりすることなく、注射の痛みを軽減することができます。

CBDオイル:CBDオイルは、痛みや体のこわばり、不安、さらには発作の緩和に役立つことを発見した飼い主もいます。 また、CBDオイルには食欲を増進させる作用があるので、猫が食べ続けるのを助けます。 CBDオイルは、緩和的な治療法に使用することができ、GS441524の注射でFIPを治療する場合には、軽い鎮静剤としても効果があります。CBDを使用する場合は、動物病院で製造された高品質のオイルでなければならず、投与量については獣医に相談してください。誤った製品や投与量は、効果よりも害を及ぼす可能性があります!


ヘンプオイル CBDオイルの代わりに使用することができます。

リドカインクリーム:GS-441の注射を行う30分前に猫の皮膚に塗ることで、薬の刺激を軽減することができます。アロエは猫に対して非常に毒性が強いため、アロエを含まないクリームを使用するようにしてください。 アカニレ樹皮:アカニレ樹皮シロップは、吐き気、嘔吐、その他の病気の治療のためのすべての自然療法です。 Denamarin(デナマリン):デナマリン・タブレットは、抗酸化物質のレベルを上げる猫用の肝臓サプリメントです。 シリマリン(ミルクシスル):肝臓をサポートし保護することで知られるこの天然サプリメントで、猫の肝機能を高めましょう。 FIP治療中の肝臓を最大限サポートするために、猫にデナマリンやシリマリンを与えることをお勧めします。 これを読むべき人と共有してください。 発行者:www.curefipjapan.com Facebookにアクセスしてください:https://www.facebook.com/fipcure

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示