FIP治療のヒント:肝臓と腎臓に注意!

更新日:1月13日


猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)はしばしば重要な器官に悪影響を及ぼします。 猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)を完全に治療し、再発の可能性を減らすためには、FIPVに関連するすべての症状の治療をGS-441524だけに頼らないでください。 GS は FIPV の複製を抑制する抗ウイルス剤です。 GS-441524はFIPVの複製を抑制する抗ウイルス剤であり、FIP感染症の発症に伴う他の疾患を治療するものではありません。 そのため、それぞれの症状に応じた治療を行ってください。



肝臓の主な機能は以下の通りです:

  • 消化を助ける(特に脂肪の場合

  • タンパク質やホルモンの合成

  • エネルギーおよびタンパク質代謝の調整

  • 毒物・老廃物の代謝と排出

  • 免疫の調整

肝臓が弱っていると、GS-441524 を効率的に代謝することができず、体内に吸収される GS-441524 の量が減少します。 肝臓が弱っている猫は、健康な肝臓を持つ猫よりも多量のGS-441524を投与する必要があります。 猫がFIPと診断された場合は、獣医師に相談して肝臓の検査を受けてください。


 

臓は、血圧の調整やホルモンの生成、骨髄からの赤血球生成の促進、血液中の老廃物の除去など、身体に不可欠な多くの機能を司っています。 FIPの猫では、腎臓の病変がしばしば見られます。 一般的な徴候は、腎臓の肥大です。あなたの猫がFIPと診断された場合、腎臓の超音波検査を完了することをお勧めします。


すべての合併症は、猫が GS-441524 の治療を受けている間、対応する薬剤で治療する必要があります。すべての病気を適時に治療してください。 GS-441524 は他の薬と一緒に投与することができます。


この記事がお役に立てれば幸いです。 [FIP感染からの迅速な回復のためのビタミンとサプリメント] の関連記事をお読みください。治療方法については、必ず獣医師と相談してください。



これを読むべき人にシェアしてください。



発行者:www.curefipjapan.com

Facebookにアクセスしてください:www.facebook.com/fipcure

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示