top of page

FIP VS FPV


FIP(猫伝染性腹膜炎)とFPV(猫汎白血球減少症ウイルス)は、どちらも猫がかかる可能性があり、ウイルスによって引き起こされる病気ですが、同じ病気ではありません


FIPとFPVはどちらも猫が罹患する可能性のあるウイルス性疾患ですが、異なるウイルスによって引き起こされ、異なる臨床像を示します。


FIP(猫伝染性腹膜炎)は、猫コロナウイルス(FCoV)と呼ばれるコロナウイルスによって引き起こされるウイルス性疾患です。FIPは、猫の消化管、腎臓、中枢神経系など複数の臓器系を侵すことがあり、重篤で致死的な疾患であることが多い。FIPは、発熱、嗜眠、体重減少、腹部膨満感、神経症状など、幅広い臨床症状を特徴とします。現在、FIPには一般的な支持療法に加え、治療法が確立されています。治療法はこちらで検索してください。


FPV(猫汎白血球減少症ウイルス)は、猫パルボウイルスが引き起こすウイルス性疾患です。FPVは感染力が強く、感染した猫との接触や汚染された環境から感染する可能性があります。FPVは主に消化管と骨髄に感染し、発熱、嗜眠、嘔吐、下痢、白血球の減少(汎白血球減少症)を引き起こします。FPVは重篤な疾患ですが、輸液療法や二次的な細菌感染の管理などの支持療法により、多くの猫が回復することができます。


FIPとFPVは異なるウイルスによって引き起こされ、臨床症状も異なるため、診断や治療のアプローチも異なることに留意することが重要です。愛猫がFIPまたはFPVに感染している可能性がある場合、できるだけ早く獣医師の診察を受けることが重要です。獣医師は病気の診断を行い、適切な治療と支持療法を提供することができます。




閲覧数:402回0件のコメント

Comments


bottom of page