猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療薬として、ビタミンB12を配合したGS441524を開発した理由

更新日:1月13日


*GS-441524の濃度:20mg/ml

**ビタミンB12の濃度:50mcg/ml



ビタミンB12の効用

  • B12は、赤血球の合成(赤血球の発生と維持)を促進します。貧血を防ぐためには、十分な量のB12が必要です。

  • B12は、神経系の完全性(神経細胞と正常な髄鞘(神経終末を覆い保護する脂肪鞘))を維持します。B12は、神経および認知機能に不可欠です。

  • B12は腸の健康を促進し、食物の消化・吸収を良くし、炭水化物や脂肪の代謝を促進する働きがあります。



B12欠乏症の10の兆候

  1. 吐き気

  2. 嘔吐(おうと)

  3. 食欲不振

  4. 食べ物の吸収が悪い

  5. 便秘

  6. ガス

  7. 体重減少

  8. 疲労・無気力

  9. 腹部の痛み

  10. 下痢


FIP治療中のビタミンB12の推奨週間投与量

  • 貧血ではない成猫の場合、最大で250~500マイクログラム(mcg)を1週間ごとに投与します。

  • 子猫の場合、適切な投与量については獣医師にご相談ください。

  • 重度の貧血の猫には、1週間に1,000mcgまでの投与が必要な場合があります。 重度の貧血の場合、GS-441524とビタミンB12の併用だけでは十分でない場合があります。 重度の貧血の場合、ビタミンB12を含むGS-441524だけでは十分ではありません。 獣医師に相談してください。



GS-441524+B12を使用する場合の用量計算について

GS-441524にビタミンB12を併用してもしなくても、投与量は同じです。


例:猫がWET型FIPと診断され、現在の体重が3kgの場合。ウェット型FIPの推奨投与量は6mg/kgです。


3kg x 6mg/kg ÷ 20mg/ml = 0.9ml の GS-441524 を 1 日 1 回注射します

ビタミンB12の1日の摂取量:0.9ml×50mcg/ml=45mcgの1日の投与量となります

毎週、この猫は315mcgのビタミンB12を摂取することになります。


FIPの猫にビタミンB12が必要な理由


貧血のリスクが高い

猫は猫伝染性腹膜炎(FIP)の感染時に貧血になることが多い。B12が不足すると、新しい血液を作る体の自然な能力が阻害されて低下し、血球の破壊が促進されます。B12の値が低下すると、猫は貧血になります。いったん猫が貧血になると、FIPウイルスやその他の病気に対抗する能力がかなり低下します。


免疫力が低下します

体内のB12が不足すると、感染症や病気にかかりやすくなり、猫の神経系にも悪影響を及ぼすため、神経症状が早く現れたり、神経系に深刻な、あるいは不可逆的な障害が発生したりします。 B12の欠乏は、代謝性脳症の一般的な原因となります。代謝性脳症は、正常な脳の機能や血液脳関門のメカニズムに支障をきたす原疾患(FIPなど)に関連する数多くの脳症の形態の一つです。臨床症状は不明瞭で、嗜眠、抑うつ、運動失調、食欲不振、断続的な嘔吐などがあり、重症の場合は猫の神経疾患や失明を誘発することもあります。


FIPVに感染した猫は、多くの場合、貧血または境界域の貧血であることがよく知られています。多くの猫が神経症状を示します。これは古典的な負の連鎖であり、適切なレベルのB12がなければ、FIP感染はより急速に悪化する。FIPにより、猫の体内に適切なB12を保持する能力は低下しています。


栄養素の急速な枯渇 猫がFIPと診断された場合、FIPは炎症性疾患であるため、肝臓、GI(消化管)、膵臓、脾臓などの体のいくつかの機能が影響を受ける可能性があります。FIPは炎症性疾患であるため、肝臓、GI(消化管)、膵臓、脾臓などの機能に影響が出ます。肝臓でB12が不足すると、腸の細胞が縮小し、栄養分の吸収不良が起こります。そうなると、さらに深刻なB12不足のサイクルに陥ってしまいます。 最新のGS-441524+B12は、この負のループを断ち切り、FIPウイルスの複製を停止させ、さらにB12を体内に供給することで、ウイルスに対する自然な抵抗力を高めます。 この記事を読むべき人にシェアしてください。 発行元:www.curefipjapan.com FBでの情報はこちら:facebook.com/fipcure

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示