FIP治療薬の購入先について|GS441524

更新日:1月13日

猫伝染性腹膜炎ウイルス


猫伝染性腹膜炎(FIP)は、稀だが致命的な猫コロナウイルス感染症である。 この致命的な猫の病気は、世界中の猫の約1~2%にしか発生しませんが FIPによる死亡率は、国によっては96%にも上ると報告されています。 FIPの研究をしていたカリフォルニア大学デービス校のニールス・ペダーセン博士と研究チームが、FIPV感染症の治療に抗ウイルス剤を使用することを決定したことで、獣医学上の画期的な出来事が起こりました。 このアイデアは功を奏し、世界中の絶望的な猫の飼い主たちは、ついにFIPウイルスに対する答えを手に入れたのです。 彼らが使用した薬はGS-441524と呼ばれています。 GS-441524による抗ウイルス療法は、滲出性猫伝染性腹膜炎(通称:ウェットFIP)に対しても、非滲出性猫伝染性腹膜炎(通称:ドライFIP)に対しても同様に効果があります。 この発見は、獣医学における大きな飛躍です。 その後、自然発症したFIPの猫と実験的に感染させた猫の両方で行われた世界中の臨床試験で、UC Davisの結果が再確認されました。 現在、ヌクレオシドアナログであるGS-441524が猫の伝染性腹膜炎の治療に有効であることが、猫の飼い主や医療関係者の間で認識されつつあります。


GS-441524 は、皮下注射で投与されます。GS-441524は皮下注射で投与され、自然に発生する猫伝染性腹膜炎の感染においてFIPVの複製を阻害します。 投与された猫は、わずか3~4日で目に見える回復の兆しを見せ始めます。 Gs-441524は、発熱、嗜眠、食欲不振、腹部の腫れといった一般的な臨床症状に加えて、身体の麻痺といった神経学的な症状の除去にも同様に効果があることが証明されています。 FIP の疑いがある場合、GS-441524 を診断ツールとして使用することができます。


猫伝染性腹膜炎は、若い猫でも高齢の猫でも起こりえます。最も基本的な医学用語で言えば、この薬はヌクレオシドアナログです。 猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)の複製を阻害します。 動物用、人用ともにFDAの承認を待っているところです。 それほど長く待てない猫の飼い主は、自らの手でこの抗ウイルス剤を調達するために、オンライングループを結成した。インターネットのおかげで、この猫用の薬、抗ウイルス剤GS441524は世界中のどこでも手に入れることができるようになりました。 以下に、その入手先を紹介します。


www.curefipjapan.com - GS-441524のオンライン注文の先駆者です。迅速かつ効率的で、知識豊富&親切なカスタマーサービスを提供しており、2019年に設立されました。


今日では、Googleで検索すれば、あなたの地域のFIPオンラインコミュニティがすぐに見つかるかもしれません。 猫伝染性腹膜炎の治療は、21世紀の獣医学の最先端を行っています。しかし、この新しいアプローチにはリスクがあります。 それは、責任と知識の探求を医師から猫の飼い主に移すことです。 GS-441524を提供する複数の人に出会うかもしれません。信頼できるものもあれば、手っ取り早く儲けようとするものもあります。 では、どのようにして正しいブランドや販売店を選べばよいのでしょうか?


 

FIP治療薬の購入について。知っておくべき3つのこと


価格ではなく、評判を選ぶ。

医者は一番安い薬を買わないし、あなたもそうすべきです。 数ヶ月前、世界中のセルフヘルプグループで、中国の無名の業者から仕入れた格安ブランドの GS-441524 の治療を受けている間に多くの猫が死亡したというニュースが流れました。


GS-441524 の有効性が証明されていることを考えると、これは非常に珍しいことでした。 調査とテストの結果、これらのブランドはGSの濃度を誇張していることが報告されました。いくつかの投稿によると、15mg/mlと謳われている濃度は、実際には7~8mg/mlに過ぎませんでした。 私たちはこれらのブランドを自分たちでテストしたわけではなく、自助グループからの投稿を引用しているだけです。


さらに、これらのブランドの製剤は安定しておらず、製造バッチごとにpHや粘度の変化が見られました。 質の高い薬を作るには、知識のある化学者、精密な機器、高品質の化学物質、そして一貫したプロトコルが必要です。 そのどれもが安価に手に入るものではありません。 では、どうして最終製品が安くなるのでしょうか? 愛猫の命を賭けたくないのであれば、安いGSを選んではいけません。


可能な限り、ブランドのウェブサイトや正規販売店から直接購入する。

購入先が正規販売店かどうかわからない? ブランドにメールして確認してください。 もし、そのブランドがオンラインで見つからない場合は、完全に避けた方が良いでしょう。 GSは高額な治療薬なので、一部の悪質な販売店では、水で薄めたり、配送中にブランドを変更したりすることがあります。 これは頻繁に起こることではありません。 しかし、過去にはこのようなことがありました。


FIPに詳しい販売者と話をする。

あなたは単なる治療法ではなく、知識を買っているのです。 あなたが取引している売り手は、彼女がその病気と治療法について知っているという自信を感じさせてくれますか? 彼女はあなたの猫を救う手助けをしたいと思っていますか? あなたの猫の状況を理解しようと努力し、あなたの質問に誠実に答えてくれますか? 彼/彼女は、治療中に起こりうる合併症や落とし穴をすべて理解していますか? 最も重要なことは、その人の言うことが理にかなっているか?


GSの販売はビジネスですが、販売者は猫と猫の飼い主のことも大切にしなければなりません。 お金のことしか考えていないような販売者は、お金のために不正なことをする可能性が高いと思います。


続きを読む:私の猫のFIPを治療するための正しい投与量は何ですか



これを読まなければならない人と共有してください。


発行者:www.curefipjapan.com

Facebookにアクセスしてください:https://www.facebook.com/fipcure

閲覧数:410回0件のコメント

最新記事

すべて表示