top of page

キャットの麻痺:それは何を意味し、FIPが原因なのか?

ペットの飼い主は、ペットが動くのに苦しむのを見たり、完全な不動状態に直面したりすると、不安を感じることが避けられません。キャットにおけるこのような課題の責任者として挙げられるのが、麻痺と呼ばれる医学的な状態で、これは体の一部または全部の動く能力を失うものです。


麻痺の根本的な原因を特定するには、さまざまな診断テストが必要で、それには体の検査や血液検査が含まれます。予後は基本的な診断に依存して楽観的から悲観的までさまざまです。


FIP CAT


キャットにおける麻痺の理解:

麻痺は、体の一部または全部の運動能力の喪失と定義され、通常は神経系または筋肉の問題から生じ、それは全体または部分的なものとして現れ、一本の脚、同じ側の両方の脚、または全身に影響を与えることがあります。


キャットにおける麻痺の原因:

麻痺は、主に脳から筋肉への運動の開始のための信号を伝達する運動神経に問題がある場合に起こります。原因には、神経の直接的な損傷、脳または脊髄の神経経路の損傷、または筋肉自体の問題が含まれます。


キャットにおける麻痺の多くの要因があり、それには次のものがあります:

1. 傷害:

高い所からの落下や車にひかれるなどの事故は、神経または脊髄の損傷を引き起こす可能性があります。


2. 感染または炎症:

脳、脊髄、または神経の感染もまた麻痺を引き起こす可能性があります。


3. FIPウイルス感染(神経症状):

FIPを持つキャットでは、迅速な対応がなされない場合、ウイルスが神経系を攻撃し、バランスの喪失、跛行、立ち上がったり歩いたりできないなどの症状が現れる可能性があります。


キャットの麻痺の症状:

症状はさまざまですが、一般的な指標には次のものがあります:

  • 動けない、または歩けない

  • 立ち上がるのが難しい

  • 弱いまたは硬直した動き

  • 痛み

  • 尿の排泄が難しい


麻痺の他に、FIPウイルスを持つキャットは発熱、著しい体重減少、呼吸の問題、眼の症状、黄疸、貧血、および尿路の問題など、追加の症状が現れるかもしれません。


診断と検査:

獣医師は、麻痺の原因を診断するために、体の検査、X線、MRIまたはCTスキャン、血液検査などさまざまな方法を使用します。原因がわからない長期の麻痺の場合、FIPウイルスなどのウイルス感染も検討されるかもしれません。


FCOV ABテスト、Rivaltaテスト(液体がたまっている場合)、血液検査、化学検査など、包括的な診断のためには、FCOV ABテスト、Rivaltaテスト(液体がたまっている場合)、血液検査、化学検査など、さまざまな検査が必要となるかもしれません。


FIPウイルスからのキャットの麻痺の治療:

キャットの麻痺に直面した場合、有効な治療を受けることが重要です。FIPウイルス感染の場合、CURE FIPのGS-441524を使用することを検討することをお勧めします。


Niels Pedersen博士によって開発されたGS-441524は、神経性の麻痺によって特徴付けられるキャットのさまざまな種類のFIPを効果的に治療することが実証された臨床試験済みの抗ウイルス薬です。 GS-441524による治療の有効性は89%を超え、FIPに悩むキャットの飼い主に希望を提供.


FIPが確認されたら、治療をできるだけ早く開始してください。




閲覧数:154回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page