GS-441524の到着を待っている間、私は何をすればいいですか?

更新日:1月13日



対症療法をすぐに開始してください。獣医師は通常、GS治療の前にステロイドや抗生物質の投薬、その他のサプリメントを猫に処方します。 抗生物質とステロイドの違いは、抗生物質はバクテリアや感染症の成長を殺したり止めたりする抗菌作用があるのに対し、ステロイドは炎症や抗アレルギー作用があります。


通常、FIPの猫は体の中で炎症を起こしています。ステロイドで猫の体内の炎症を抑えます。また、FIPの猫には医師が抗生物質を処方することがよくあります。抗生物質は細菌感染の治療や予防に使われます。抗生物質は、バクテリアを殺したり、バクテリアが繁殖して広がるのを防いだりします。抗生物質は、バクテリアの繁殖を止めたり、破壊したりするだけでなく、猫を二次感染から守るためにも使われます。


抗生物質は治療に使用することができますが、フルオロキノロン系の抗生物質はGS441524の治療と一緒に使用することは推奨されません。最近の研究によると、フッ素は中枢神経系(CNS)に毒性があると言われています。これにより、猫が神経症状を起こす可能性があります。


猫が熱を出している場合は、医師による解熱剤や注射が必要です。ステロイドや抗生物質もFIP治療に使用されます。



サポートサプリメント

あなたの猫の臓器は100%機能していますか? 肝臓や腎臓などの臓器を強化するためのサプリメントを検討する時期です。 強い臓器は、猫の回復を早め、FIPに対する自然な免疫抵抗力を強化します。私たちは、FIPに感染した猫には、ビタミンB12、腎臓、肝臓のサプリメントが必須であると考えています。FIPに感染した猫にとってのビタミンB12の重要性について書かれた以前のブログ{ブログへのリンクを貼っておきます}はこちらからご覧いただけます。多くの猫の腎臓や肝臓はFIPウイルスによってダメージを受けています。 シリマリン(ミルクアザミ)のようなサプリメントは、猫がこれらのダメージから早く回復するのに役立ちます。


主治医が何も薬を処方しなかった場合は、肝臓や腎臓の機能を高めるのに有効なサプリメントを処方してもらうとよいでしょう。 また、血液検査の結果から、さらに注意すべき点が見つかるかもしれません。 あるいは、私たち治療の専門家に相談して、あなたの猫に適切なサプリメントを選んでもらうこともできます。 最適なアドバイスをさせていただきますので、愛猫の血液検査結果をご用意ください。



高タンパクのフードを与える

あなたの猫は普通に食べたり飲んだりしていますか? 食事と水分補給は、FIPの治療において重要な役割を果たします。FIPの治療中に猫に与えるのに最適な食べ物は、新鮮な調理済みの魚、鶏肉、牛肉です。猫が下痢をしている場合は、下痢が止まるまでの数日間、ドライキャットフードに切り替えてください。猫がうまく食べられない場合は、フードをミキサーで液状にして、注射器を使って強制給餌してください。 猫の体は、免疫系を維持するために栄養と水分を必要とします。FIPの治療中は、間食を避けましょう。間食は後々の血液検査の値に影響する可能性があります。



ストレスを避ける

ストレスは、FIPに対する最後の防衛手段である、すでに脆弱な猫の免疫システムをさらに弱めてしまいます。 ですから、お気に入りの場所で過ごさせたり、飼ったり、好きな食べ物を与えたりして、猫がリラックスして落ち着けるようにしましょう。幸せなリラックスした猫は、命をかけて戦うことを厭わない猫なのです。もしあなたの家に他の猫がいるならば


他の猫がFIPの猫にストレスを与える可能性があるので、FIPの猫を他の猫から離しましょう。必要に応じて猫を慰めることで、猫の気持ちを落ち着かせ、猫が拒否した場合には慰め続けることは避けましょう。猫のストレスの原因を突き止めることが重要です。症状が始まったときに観察してメモを取り、物理的、環境的、心理的なものを問わず、ストレスの原因を減らすように行動しましょう。



免疫賦活剤を避ける

FIPは免疫を介する病気です。そのため、免疫系を高めることはお勧めできません。免疫系を高めると、FIPVの複製が早くなってしまいます。また、免疫を高めるためによく使われる成分であるL-リジンもお勧めできません。


L-リジンは、健康的な免疫システムに必要なアルギニンが体内に取り込まれるのを妨げます。 アルギニンは、健康で機能的な免疫システムに不可欠な成分です。



発行者:www.curefipjapan.com

FBにアクセス:www.facebook.com/fipcure

閲覧数:93回0件のコメント

最新記事

すべて表示